関西大学校友会
市内支部連合会 総会
平成26年2月18日(火)  Pm6:00
  
ホテル・ニュ-オ-タニ大阪  「鳳凰 Sの間」  
 此花支部より平岡支部長・山口幹事長・大島相談役(計3名)が出席しました
校友会本部・地域支部・職域会など
150名超の出席で賑わい盛大に
行われました。




    寺内校友会・会長

    楠見関西大学・学長

宮本教授による記念講演

    その後、「懇親会」へと進行
    此花支部より
参加の3名 

チアガール「クレアーズ」も参加し華やいだ雰囲気で、有意義な懇親会でした。
当支部の参与である村上さんも大阪市役所あしの葉会・会長として出席されていました。

              市内支部連合会・総会に出席して・・・・・

2月18日、校友会大阪市内支部連合会総会があり、相談役大島、支部長平岡、幹事長山口 の3名が此花支部から参加しました。

市内支部連合会は大阪市内24支部と大阪市役所あしの葉会はじめ数団体が加盟しています。年を追うごとに発展し、校友会でも大きな団体となっており、母校および校友会の活動と発展に協力して行こうとことで結成されました。
会場はホテルニューオータニ大阪で150名強の参加者のもと午後6時から盛大に開催されました。

 来賓として校友会会長、学校法人関西大学理事長、同学長が参加し、挨拶の中でソチオリンピックに出場した高橋、町田両君の健闘を讃え、特に高橋選手には男子フィギアー界をリードしてきたことに対する賛辞が贈られました。また、理事長は2年後の創立130周年の記念事業について校友の支援をお願いしたいと述べられました。

 記念講演はテレビでお馴染みの大学院会計研究科教授で経済効果予測の第一人者である宮本勝浩先生の講演がありました。大阪は東京の真似をするのではなく効果を大阪にもってくる工夫が必要であると説かれ、また、松下幸之助翁や吉本興業元社長中邨秀雄氏の言葉を例にとり人生は運が左右する。運のある人と交流することが大切であると説かれた。

懇親会に移り、チアガール「クレアーズ」の演技もあり和やかな且つ華やかな懇親会となりました。

 記念講演の宮本先生とも名刺交換をさせていただき、機会があれば此花支部でのご講演をもお願いした次第であります。

 最後にいつもの肩を組んでの逍遥歌を吟じ総会は無事終了いたしました。

                                  (支部長 平岡昭雄)

活動の記録へ 戻る

関西大学校友会此花支部

Copyright(C) 2011 kandai-konohana All Rights Reserved.
Home > 活動の記録 >平成26年度 市内支部連合会総会 サイトマップ